IoT

IoTに関する、世界の最新テクノロジー情報をお届け!IoTテクノロジーの動向だけでなく、ビジネスへの活用方法に関する記事をご紹介します。

IoT の記事一覧

スポーツからドローンまで!用途別ウェアラブルカメラ比較3選

引用:New GoPro HD Hero2 Camera 360度カメラで話題の「Gopro」をはじめとし、ウェアラブルカメラを使って撮影された動画をYoutube上で見る機会も増えてきている。 以下では、ウェアラブルカメラの利用シーンを紹介しながら、その事例となるおすすめデバイスを紹介したい。   そもそも、ウェアラブルカメラとは? ウェアラブルカメラとは、その名の通り「身につけることができる」カメラを示す。これまでカメラを使うとなると、デバイスを手に持たなければ撮影ができなかった。しかし、ウェアラブルカメラであれば、両手を使わずに撮影ができるようになる。さらに、ウェアラブルカメラ

ドローンが牙を向く?頻発するドローン犯罪とその対策

引用:Policus USA ドローンとは、無人の航空機全般を指す名称である。従来は軍事目的で使われていたが、小型化・低価格化により、一般での活用が徐々に広がりつつある。例えば、Amazonはドローンによる一般家庭への荷物配達を検討しており、実際にテストを行っている。その他にも、農業やエネルギー産業においての活用が検討されており、大きな経済効果を与えることが期待されている。しかし、一方でドローンを使った犯罪や事件なども発生しており、ドローンの飛行を規制する制度や緊急時には撃墜するためのシステムを求める声が大きくなっている。今回は、ドローン普及の影にある事件や規制に関する今後の展望についてご紹介

市場規模390億円!「Arlo」はネットワークカメラ普及の足がかりとなるのか

ネットギアジャパンは8月9日、電池駆動のWi-Fiネットワークカメラ「Arlo(アーロ)」を7月下旬に発売すると発表した。ネットギアはすでに世界25ヵ国を拠点とし、家庭向けに1億5700万台、ビジネス向けに3300万台の商品を出荷している。 今回は、日本での発売が発表された「Arlo」の魅力を簡潔に紹介するとともに、今後のネットワークカメラの市場動向についてもお伝えしたい。   話題のネットワークカメラ「Arlo」、その実力とは? 引用:designdirectory.com 場所を選ばず、どこにでも設置できる! 「Arlo」は、ベースユニットとカメラユニットをペアで利用する、ネット

モノのインターネットとは違う?今話題の音のインターネットとは?

身の回りのあらゆるものにセンサーが搭載され、相互に接続される、モノのインターネットことIoTは今最も注目を浴びているキーワードの一つである。 それと似た言葉で、皆さんは音のインターネットというものを聞いたことがあるだろうか?音のインターネットとはデバイス間で音のやり取りをすることで情報を交換するネットワークを指す。今回は音のインターネットという概念がなぜ今あらためて提唱されているのかと、その活用事例について紹介したい。 ▼IoT関連記事 IoTの「いま」がわかる、世界が注目のスタートアップ10社まとめ   何故、いま音のインターネットなのか? 引用:Gizmodo 音は情報の伝達手段

私たちが気づいていない、Apple Watchの本当の魅力とは?

iPhoneの日本での普及率は約59%に上り、すでに私たちの生活になくてはならない存在になっている。今年の4月にはApple Watchががリリースされたが、まだ私たちの生活に浸透しているとは言えない。 MMD研究所の調査によれば、今年の3月の段階でApple Watchの認知度は約65%を記録したものの、購入希望者はわずか約20%だった。さらにApple Watchは世界で2000~3000万の販売が期待されながらも、2015年前期の販売個数は500~600万と、低調であった。年間1500万~2000万の販売に終わるとの予測もされているが、果たして私たちの生活に浸透していくのだろうか。 今回

この夏大活躍!iBeacon(アイビーコン)で楽しさ倍増アプリまとめ5選

ついに2015年の夏が到来した。 夏といえば、海水浴、花火大会、キャンプ、お祭り、夏フェスといった楽しいイベントが盛りだくさんである。 そんな夏のイベントを最大限楽しむため、iBeacon(アイビーコン)を活用したアプリが続々登場しているのご存知だろうか。 今回は、この夏を楽しみ尽くす5つのiBeaconアプリを紹介する。 ※iBeacon(アイビーコン)とは?詳しくはこちら ▼関連記事 魔法のツール?期待はずれ?いま話題のiBeacon(アイビーコン)を徹底解明! iBeaconによるビッグデータ取得で店舗運営が変わる?! iBeacon関連企業4選 iBeaconを使って「リアル鬼ごっこ」

あなたの生活を豊かにしてくれる!?シアトル発IoTスタートアップ3選

※Arch for Startupより寄稿 ここ近年のIoT(Internet of Things)の発展は凄まじいものだ。 アメリカ調査会社Gartner社によると、2020年までに260億個のデバイスがインターネットに接続されるようになり、経済に対しては1.9兆ドル(約230兆円)のインパクトを引き起こすと言われている。 引用:Video in the Internet of Things 今後、世界にIoTの波が押し寄せるのは確実であり、それは私達Arch for Startupが拠点を置くシアトルも例外ではないだろう。 今回は私達が拠点を置くシアトルから生まれた私達の生活をより良くして

魔法のツール?期待はずれ?いま話題のiBeacon(アイビーコン)を徹底解明!

小売関係者の間ではiBeacon(アイビーコン)という言葉が「クラウド」や「ビッグデータ」のようにバズワードになりつつある。しかし、実際にiBeaconがどのようなもので、何が出来るものなのか、よく知らないという人が意外と多いのではないだろうか。 今回は、そんな人のためにそもそもiBeaconとは何なのか、何ができるのか、導入時に何が課題になるのかについて詳しくご説明したい。 話題のiBeaconとはそもそも何なのか? 引用:Momentology 「iBeacon(アイビーコン)」とは、2013年9月からAppleのiOS7に搭載されるようになった、Bluetoothを利用した無線技術である

ガジェット好き必見!Apple WatchとRaspberry Piを使った自作IoTセンサーをつくってみた

Apple Watchの発売から2ヶ月近くが経過した。皆さんの周りでもApple Watchを手にした人がいるのではないだろうか。 Apple Watchには電車の乗り換えアプリや料理のレシピが見れるアプリなど便利なアプリが豊富に存在する。しかし、Apple Watchの可能性はそれだけではない。使い方次第ではIoTのシステムを簡単に構築することも可能なのだ。 今回は株式会社Technical Rockstarsの川野氏が考案したApple WatchとSlack、Raspberry Piを利用した入室センサーのIoT事例に関してご紹介したい。 Technical Rockstarsのブログは

IoT時代を制するのは誰だ? IoTプラットフォームを開発する巨大グローバル企業にせまる

近年IoT市場の成長が著しい。シスコの試算によると、2020年までに500億個のデバイスがインターネットに接続されるようになるという。また、IDC Japan株式会社の発表によれば、世界のIoT市場は2020年までに3兆400億ドル(約360兆円)まで拡大するという。 IoTの世界では、家電が相互に繋がるスマートホームや、車がインターネットに接続されるコネクティド・カーなどが注目を集めている。また、家電や車だけでなく、生体内データを取得するウェアラブルデバイスや、室内外に設置されたセンサー機器など、ありとあらゆるものがインターネットに接続される。 そんな中、GoogleやMicrosoft、I

【もふもふ注意】 かわいすぎる!ペット向けウェアラブルデバイス海外事例

引用:Here Woman Talk IoA(Internet of Animal):動物までもインターネットとつながる時代が到来 日本でもよく耳にするようになったウェラブルデバイス。株式会社MM総研の調査によれば、2015年2月時点でウェアラブルデバイスの知名度は48.9%と、前年度から21.0ポイント上昇する結果となった。 このウェアラブルデバイス、人間だけに限らず、動物にも活用する動きがあることをご存知だろうか。 日本国内でも、「Anicall」をはじめ、動物向けのウェアラブルデバイスも発表されている。 本稿では、動物向けに作られたウェアラブルデバイスの海外事例を紹介する。 動物の気持ち

あなたもVR(仮想現実)の主人公に?一般販売がせまるオキュラスリフトの魅力とは

インターネットの発達により情報は瞬く間に国境を超えて世界中に拡散されるようになった。しかし、情報が場所の制約から解き放たれた中でも、私たち人間は依然として物理的な場所の制約の中に生きている。 技術が進歩すれば私たちは場所の制約から開放される日がくるのだろうか?それに対する明確な答えが一つある。VR(仮想現実)だ。 今回はVR技術の今までと未来に関して皆様にご紹介したい。 Oculus Rift、ついに今年後半に一般向け販売開始 引用:Forbes Oculus Riftとは、VRに特化したヘッドマウントディスプレイ。ユーザの視界を完全に遮り、頭の動きをセンサにより向いている方向を感知して映像が

アメリカ最先端テクノロジーに見る、2020年までに起こる小売業界5つの変化

※Arch for Startupより寄稿 現在、小売業界はオンライン販売の普及や、様々な技術の発展により大きな変化のまっただ中にいる。 マーケティングの調査会社eMarketerのレポートによると、2014年度における全世界でのeコマースの売上は1.3兆ドル以上であり、2013年の売上から22%もの上昇でオンライン販売の急速な普及が伺える。 また、アメリカではここ数年で4000以上のリーテル関係のスタートアップが生まれておりテクノロジーの発展はとどまることを知らない。 引用:Which Countries Prefer to Shop Online and How Retailers Are

今IoT企業がアツい!多額の資金調達を受けるIoT市場の展望に迫る

引用:svicenter.com 近年IoTへの注目度が高まってきていることは、すでにおわかりであるかと思う。海外では2014年11月までの過去1年に、ベンチャーキャピタルが97回のラウンドで3億ドルをIoTスタートアップに投資している。家庭や自動車、オフィスにイノベーションを起こそうとするIoTのスタートアップが、何百万ドル単位の資金調達に成功する例が相次いでいる。 今回はIoT関連の企業が多額の資金調達に成功している背景について説明すると同時に、今後の展望についても述べたい。 海外事例に見るIoT企業の急成長の背景には、IoTの注目度の高まりがある 引用:engadget.com アメリカ

スマホを充電をする時代の終焉!ネットで話題の「ワイヤレス充電」とは

引用:cosmogirl 近年、IoTブームといっても過言ではないほど、あらゆるものがインターネットに接続してきており、ガートナーの試算では2025年には約250億個のものがインターネットに接続されるという。 しかし、現状ではまだIoTの多くは何か欠点を抱えている。 例えば、スマホはIoTの中でも最も世の中に普及しているものの1つだが、それでも充電が切れた瞬間からゴミ同然と化してしまう。最近では、スマホと家電が連携して、外出中でもスマホで家の電気をつけたりできるが、それも充電が残っていることが前提である。 また、より多くのものがインターネットに接続される一方、それらのものを充電する時に必要なコ

iBeacon(アイビーコン)はもう終わり!?導入が進まない5つのワケとは

引用:Forbes 2013年末にiBeacon(アイビーコン)が登場し、2014年はiBeaconの普及が話題になった一年であった。 スマートフォンの普及により顧客行動が大きく変化する中で、店舗内で顧客とインタラクティブなコミュニケーションが可能であり、かつ顧客行動のデータ収集ができるiBeaconは、ECの台頭などの危機に迫られた小売り企業にとって救世主のような存在であった。 事実、iBeaconに対する期待は非常に大きく、当メディアでも過去に何度も取り上げていた。しかし、現実世界で登場する救世主の多くがそうであるように、iBeaconも期待外れに終わってしまうかもしれない。 今回は、iB

おさえておきたい、今話題のドローン活用事例3選

引用:droneinjurieslawyer.com 今日、ドローンに対する注目度が世界中で高まっている。ドローンはもともと軍事用の無人飛行機として開発されていたのだが、近年商用への応用が始められている。 最近ではスマホなどのモバイル端末との連動が進んでおり、その用途にも注目が集まっている。まだ無人飛行機市場は解禁されていないが、2025年までに市場規模は8兆円を超えることが試算されており、今後多くの企業がこの分野に進出することになるだろう。 小型の無人飛行機をモバイル端末で操作することで、撮影技術や物流などは劇的に変化していくことが予想される。 法規制やプライバシーの話題でも注目を集めている

市場規模2兆円!デジタルサイネージによって革命が起きる訪日観光産業

近年、訪日観光産業が大きな盛り上がりを見せている。 観光庁によると、2020年の東京オリンピックの開催へ向けて、訪日観光客は2020年に年間2000万人にまでのぼると予想されている。また、訪日観光客の増加を見据え、デジタルサイネージと呼ばれるスクリーンの表示と通信にデジタル技術を使用して、映像や情報を表示する広告媒体技術に注目が集まっている。 そこで今回はデジタルサイネージと観光産業の親和性について解説していく。 ▼参照 観光庁アクションプラン 訪日外国人消費動向調査 外国人旅行者の日本の受入環境に対する不便・不満 デジタルサイネージ市場の伸び 訪日観光客が増加することで国内経済は活性化される

最先端テクノロジーがもたらす小売店舗の未来とは?

今回の連載では、小売店の経営課題や小売業におけるデータサイエンティストの価値、小売業におけるビッグデータの活用を紹介してきた。これらの記事に引き続き、今回は小売店の未来像を紹介したい。 iBeaconやビッグデータの普及で近年の小売店の変化は著しいものとなっている。 そのような中、Industry website Retail Prophetの創設者であるDoug Stephensは、小売店の未来を予測しており、小売店は今後10年で、過去1,000年間よりも劇的に変化すると述べられている。 小売店で行われる単純労働に、従業員は必要なくなる 引用:retailtechnology 従業員への人件

IoTにiBeacon、最新テクノロジーを活用した注目の海外クラウドファンディング5選

皆さんはクラウドファンディング(Crowdfunding)をご存知だろうか?クラウドファンディングとは、あるプロジェクトに対してWeb上から不特定多数の人に出資を募るという新しい資金調達の形だ。 クラウドファンディングサイト大手のKickstarterやIndiegogoでは、日々ユニークなプロジェクトが出資を受けてスタートしている。 今回はそんな中から注目を集めるテクノロジー系プロジェクトを4つをご紹介したい。 いつでもどこでも気軽にマッサージ 「i Massageo」 引用:https://www.indiegogo.com/projects/imassageo-the-first-app

データ分析で売上向上!次世代リテールテクノロジー企業まとめ

今回は、2015年1月にニューヨークで開催されたNRF BIG SHOW 2015出展企業の中から、未来のリテール企業を成長させる可能性に溢れる企業を紹介する。 例えば、リアル社会のデータ分析を得意とする企業。POSやWi-Fi、Beacon(ビーコン)と連動させた店舗向け分析ソリューションを提供し、店舗売上向上や新しい顧客体験を促進を担う、注目企業が揃っている。 またリテール業界では近年、SaaS型のクラウドサービスに注目が集まっている。小売企業側の大きな導入メリットとしては、リアルタイムでの店舗内の状況把握が可能なことで、即時性を持って現場での改善施策を打つことが可能になる。 また空間に限

3分でわかる!知っておくべき最新IoTベンチャーまとめ

2015年3月、バルセロナでMobile World Congress 2015というイベントが行われた。その中で、最近注目が集まるIoT(Internet of Things:モノのインターネット)をテーマとしたピッチングイベント「IoT Stars」が開催された。 今回は、その「IoT Stars」のシリーズAのスタートアップ企業4社と紹介する。 ▼関連記事 IoTの「いま」がわかる、世界が注目のスタートアップ10社まとめ 必見!プログラミングができない人でも自作できるIoTツール4選 シャツから身体データを取得する「Ambiotex」 引用:Ambiotex 企業名:Ambiotex U

IoTの「いま」がわかる、世界が注目のスタートアップ10社まとめ

昨今、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)の市場が全世界で注目を集めている。 2020年までに260億個のデバイスがインターネットに接続されるようになり、世界のIoT市場は2020年までに3兆400億ドルまで拡大するという。今回は、「IoT Stars MWC15」でピッチを実施したアーリーステージのスタートアップ企業10社を紹介する。 また過去に掲載したIoT関連記事を以下に掲載するので、お時間がある方はぜひご覧になっていただきたい。   IoTを守ってくれる必要不可欠なセキュリティツール 引用:Bastille Networks 企業名:Basti

必見!プログラミングができない人でも自作できるIoTツール4選

近年IoT市場は拡大してきており、今後多くのデバイスがインターネットに接続されることが予測される。IDC Japan 株式会社の予測によると、国内IoT市場の売上規模は2018年までに現在のほぼ2倍となる21兆1,240億円まで成長するという。その中でも、最近注目なのがDIY(Do It Yourself)という、ユーザが独自に組み立てることができるIoTである。そこで今回は、DIYキットから4つの主要商品をご紹介する。 ▼関連記事 国内IoT市場 2013年の実績と2014年~2018年の予測/ 今回は注目の4つのDIYキットを、一番安価なキット金額(1$=117.3円 1EUR=134.7

スタジアムの臨場感をそのままに!スポーツ業界に変革を起こすテクノロジー事例3選

スポーツは古代エジプト時代には既にあったとされ、何千年を経た現代社会でも広く親しまれている。公益財団法人 日本生産性本部によると、スポーツ業界の市場規模は国内だけでも3 兆 9,150 億円(2012年)にのぼる。 そんなスポーツ業界では、近年、テクノロジーとの融合が多く見られるようになった。今回はスポーツ業界が直面しているいくつかの課題を解決するテクノロジーをご紹介する。 ▼参照 http://www.mext.go.jp/component/a_menu/sports/detail/__icsFiles/afieldfile/2014/12/08/1353860_4.pdf スポーツ業界に

iBeaconによるビッグデータ取得で店舗運営が変わる?! iBeacon関連企業4選

皆さんがIT、もしくは小売関係者ならiBeacon(アイビーコン)を知らない人はいないだろう。 (知らない人はこちらをチェック) 日本全体で約40%(若年層では80%弱)まで普及したスマートフォン、更に2013年ごろから登場したiBeaconにより小売業界のあり方は大きな変化を迎えようとしている。今回は、そんなiBeaconを活用して新たなサービスを提供するスタートアップ4社を紹介したい。   超音波&Bluetoothを活用するiBeaconプラットフォーム「Signal360」 引用: https://media.licdn.com/media/p/1/005/07d/13b/2

【連載企画】テクノロジーは外食産業復活の狼煙(のろし)となるか

近年、「ビッグデータ」という言葉はあらゆる市場を賑わるキーワードとなっている。そんな中、アナログな印象が強い外食産業にも、テクノロジーの活用の波が及んでいるのを皆さんはご存知だろうか。 外食産業におけるテクノロジー活用という連載企画の第1回目ということで、今回は外食産業の市場動向を解説して、テクノロジーが具体的にどの様な分野で活用されていくのかを考察していく。  市場規模は23兆円!外食産業の「いま」 外食産業総合調査研究センターの発表によると、外食産業の市場規模は1975年時点で約8兆6,257億円だったものが、1997年には約29兆702億円へと3倍以上の成長を遂げた。しかし、この1997

【連載企画】店頭発売延期疑惑?何かと話題の「Apple Watch」に迫る

Apple初のウェアラブルデバイスとして話題のApple Watch。 とはいえ、結局何ができるのか、どんなものなのか。曖昧な人は多いのではないだろうか。 その疑問を解消するべく、ウェアラブル連載企画第4弾として、本稿ではApple Watchのデザインや機能を紹介する。 ▼連載企画バックナンバー 【連載企画】Apple Watch発売間近!そもそもスマートウォッチとは? 【連載企画】スマートウォッチが加速させる新しい形の業務支援とは 【連載企画】話題のスマートウォッチを徹底比較!最もコスパが高いのは? こだわりの3モデルから自分好みのデザインにカスタマイズ 引用:Apple Watch Ap

次世代の小売店を創造するテクノロジーカンパニー「Impinj」

※Arch for Startupより寄稿 皆さんはRFIDという技術はご存知だろうか。 RFID(Radio Frequency Identification)とは、ICタグ(RFIDタグ)に登録された情報を非接触で識別する技術のことで、日本では鉄道の乗車カード、IDカード、工場や倉庫にて製品の識別などに幅広く用いられている。 すでに多くの業界で普及している技術であるが、シアトルにもRFIDを開発し、その技術によって小売店における顧客満足度の向上や業務効率化を目指す企業がある。2000年創業のテクノロジー企業「Impinj」だ。 リアルタイムで店舗内の情報を管理および共有 引用:Impinj

【連載企画】話題のスマートウォッチを徹底比較!最もコスパが高いのは?

いよいよApple Watch(アップルウォッチ)の発売まで数日と迫った今、皆さんいかがお過ごしだろうか? 予約した人は待ち焦がれて何とも長い1日を過ごしているだろう。今週はスマートウォッチ連載企画という事で、本日はApple Watchと他のスマートウォッチでは何が違うのか、徹底比較して皆さんにご紹介したい。 Apple Watchを予約した人もできなかった人も注目だ。 スマートウォッチ機能比較(単体仕様の場合) 今回はApple Watchに加えて、大手クラウドファンディングのKickStarterから始まり、発売と同時に一瞬で完売したとされるPebble time、言わずと知れた耐久性世