iBeacon

iBeaconに関する、世界の最新テクノロジー情報をお届け!iBeaconテクノロジーの動向だけでなく、ビジネスへの活用方法に関する記事をご紹介します。

iBeacon の記事一覧

2015年の飛躍を占う国内iBeacon導入事例14選

  引用:Estimote iBeacon(アイビーコン)とは、AppleがiOS7の新機能として発表した、Bluetoothを基礎技術とした近距離通信の仕組みである。 iBeaconシステムの導入により、これまでは実現が難しかったマーケティング施策やデータ収集が低コストで可能になると期待されている。 2014年、iBeaconを使ったサービスは、日本国内でも数多く登場した。 2015年も、iBeaconを取り入れたサービスの幅は引き続き拡大していくことが予想される。そこで今回は、iBeaconの今後を占う意味を込めて、2014年に本編集部が取り上げていたiBeacon国内導入事例を

O2Oマーケティングに新技術!QRコード、Beaconより導入しやすい「光ID」

最近O2Oマーケティングの施策で、よく耳にするようになったBeacon(ビーコン)だが、今回、パナソニック株式会社(以下、パナソニック)は、早くもそれに対等する新技術を開発した。 伊勢丹新宿本店で光IDを用いた情報提供サービス実施 2014年12月11日、パナソニックは、LED光源からの光に組み込んだID信号である「光ID」をスマートフォン搭載のイメージセンサーと専用アプリで高速受信する技術を開発したことを発表した。 2015年度内に同技術を用いた「光ID発信機器」の商品化を目指している。本技術の実用化に向け、三越伊勢丹ホールディングス及び伊勢丹新宿本店の協力により、一部のお客様向けにこの光I

快適な生活を実現!国内iBeaconサービス導入事例3選

「iBeacon(アイビーコン)」とは、AppleのiOS7から搭載された、Bluetoothを利用した新しい無線技術である。アイビーコンを利用することで、iPhoneやiPadなどデバイスを持った人の「位置」や「方向」を把握できる。 これらをうまく活用することで、小売業者はこれまでにない顧客接点を生むことができるようになった。最近では、大手百貨店やアパレルショップといった小売業でのBeacon(ビーコン)導入事例が目立っている。 そこで今回は、小売業以外に注目して、Beaconをうまく活用している事例を3つ紹介する。 Beacon160個でピンポイント案内「東京駅構内ナビ」 東日本旅客鉄道株

作業効率30倍以上!ビームスがRFIDを全面導入へ

アパレル業界にデジタル化の波が押し寄せている。株式会社ビームス(以下ビームス)は、2013年1月から、独自のブランドストア「B:MING LIFE STORE」でRFIDを用いた商品管理システムを試験導入していた。今後、16年夏までに全ての業態でRFIDの導入を進めていく。 B:MING LIFE STOREではRFIDの活用で棚卸しの作業効率が約30倍に 冒頭で述べたように、2013年1月からビームスは「B:MING LIFE STORE」で、RFIDを用いた商品管理システムを導入している。今回全業態での導入に踏み切ったのも、このシステムが試験導入した店舗で一定の成果を収めたからに他ならない

海外事例から学ぶ、アプリとスマートマネキンが作り出す新しい顧客接点「VM Beacon」

この記事は、アパレルマーケティング(http://www.apparel-marketing.com)より転載しております。 Iconemeが開発したVM Beacon 皆さんが買い物している時に、お店のウィンドウのディスプレイに目が止まる瞬間がきっとあると思います。しかし、一般的にそのディスプレイのマネキンが着用している商品が、実際に購入に繋がる確率が低いのが現状です。ただのWindow Shoppingのままで終わらせないで、Window shoppingをEC、あるいは実店舗の購入に繋がる確率を高める提案があります。そのカギを握るのが、スマートマネキンとアプリです。ロンドン発、小売サービ

知ってて当然!? 本格化する百貨店のオムニチャネル事例5選

2011年、米国百貨店Macy’s(以下、メイシーズ)がオムニチャネルを導入してから早3年。百貨店業界は、オムニチャネル戦略を本格的に導入するようになった。オムニチャネルとは、あらゆる場所で顧客との接点を持つために、実店舗やオンラインなどの販売チャネルや流通チャネルを統合することである。オムニチャネルは、百貨店の強みである販売分野・販売チャネルの多さを有効活用できる戦略である。各社の動向がわかる最新事例を見ていく中で、今後のオムニチャネル戦略の中で核となるカスタマージャーニーにも注目する。 百貨店でオムニチャネル戦略が本格化 引用:Wikipedia 複数の販売・流通チャネルを統合

iBeaconで顧客情報を取得・分析するAislelabs

欧米を始めとし、海外では店舗内での顧客の年齢・性別やどのような経路で店舗内を循環しているのかを分析する店舗内マーケティングのビジネスが熱を帯び始めている。当編集部でもRetailNextという店舗内マーケティングを提供する企業を紹介してきたが、今回はiBeacon(アイビーコン)を使って店舗内解析を行うスタートアップ、Aislelabsを紹介したい。 引用:9to5Mac ▼関連記事 注目度大!今知っておくべき店舗に変革をもたらす注目の海外テクノロジー3選 O2O・オムニチャネル時代に企業で設定すべきKPIとは?(RetailNext)   AislelabsはiBeaconを使った

iBeaconでジョギングを促進!?シンガポール最新事例

引用:Thomas Rousing iBeacon(アイビーコン)は、2013年秋にAppleがリリースしたiOS 7から搭載された機能である。現在様々な場所でiBeaconを用いたサービスを目にするが、実はシンガポールでも2014年10月中旬にiBeaconを用いた面白い取り組みが始まった。 株式会社エイド・ディーシーシーとASATSU-­DK Singapore Pte Ltd.は、アプリと連動してiBeaconを活用したプロモーションを企画・開発。そのプロモーション企画の第一弾として、シンガポール全域の7-Eleven店舗にiBeaconを設置し、大塚製薬POCARI SW

3つの要因から導かれるAmazonが実店舗を展開する狙いとは

引用:statesman.com Amazon.comの2012年における全世界総売上高は610億9300万ドル(約6兆6000億円)と、世界最大のネット小売業者の地位を確立している。誰もが一度はAmazonを利用したことがあるだろう。即日配達をしてくれたり、実店舗ではなかなか見つからない商品までもを扱ってくれていたりなど、我々の生活をより快適にした要因の1つはAmazonであると言っても過言ではない。 そんなAmazonが、ニューヨークに実店舗をオープンしようとしているというニュースを、10月9日に米Wall Street Journalがこの件に詳しい筋の情報として報じた。ECサイト最大手

ZARA、物流センターにRFIDソリューションを導入

世界的なアパレルブランド「ZARA」等を展開するインディテックス社は、同社の物流センターに、段ボールやハンガーなどさまざまな納品形態を持つ大量の衣料品に付けられたタグに高速でエンコーディング(※1)するRFID(※2)ソリューションの採用を決めた。 ※1:情報を一定の規則に従ってデータに置き換えて記録すること ※2:電磁界や電波などを用いた近距離(周波数帯によって数cm~数m)の無線通信によって情報をやりとりするもの 引用:RFID – YouTube  梱包形態を問わず納品精度を自動的かつ高速にチェックすることが可能に インディテックス社が導入したこのソリューションシステムは、手

iBeacon導入前にマーケティング担当者が確認すべき5つの課題

iBeaconは救世主かもしれないが、万能ではない 「iBeacon(アイビーコン)」とは、AppleのiOS7から搭載された、Bluetoothを利用した新しい無線技術である。iBeaconを利用すれば、iPhoneやiPadなどデバイスを持った人の「位置」や「方向」を把握できる。また把握した位置情報に合わせた、メッセージやデータを顧客のスマートフォンに送信することができる。 引用:Estimote ▼さらに詳しく知りたい方はこの記事をチェック これだけ知っていれば大丈夫!O2O・オムニチャネルマーケティング担当者に必要なiBeacon知識まとめ iBeaconは、これまで精度やコストの問題

GoogleがIoT市場を席巻!?スマート温度調節器のNest買収の真意

皆さんはスマートホームという言葉をご存知だろうか? iOS8の発表でiPhoneにスマートホームのプラットフォームとなる機能が追加された事で今話題となっている。スマートホームとは、1980年代にアメリカで提唱された住宅の概念で、家電や設備機器をインターネットで接続して制御する事で、遠隔で操作をしたり、環境を最適化するというものである。近年の情報インフラ、及びセンサリング技術の目覚しい発達により、このスマートホームが大きな注目を集めている。今回は、O2Oの中でも特に注目されているスマートホームに関するサービス事例を紹介する。 ▼参照 Nest Smart Thermostat スマートホームの未

いくつ知ってる!?Beaconサービス導入事例まとめ7選

iBeacon(アイビーコン)は、Appleが2013年秋にリリースしたiOS 7で搭載された機能である。2014年現在あらゆる場所で、このiBeaconを用いたサービスが展開されている。そこで今回はO2Oやオムニチャネル施策を考えるマーケティング担当者が押さえておきたいiBeacon導入事例についてまとめてみた。 ▼関連記事 2015年Beacon関連市場規模は43兆円に!関連記事総まとめ iBeacon導入を考えているあなたへ!海外の活用事例から学ぶiBeaconの3つの活用方法 2015年の飛躍を占う国内iBeacon導入事例14選 決済・スタンプ関連事例 Beacon対応!スマホ決済サ

iBeaconで恋活!?リアルな出会いを演出するO2Oアプリ登場!

オンラインの出会いからの結婚、全体の1/3 気になる異性と出会ってなかなか面と向かって話しかけることができない人にとって、その出会いの演出を手助けしてくれるアプリが登場した。アメリカでは2005年以降に結婚した人たちの1/3は、オンラインで知り合っていて、しかもその結婚の離婚率が低く、結婚後の満足度も高いという調査結果がある。このようにオンラインからオフライン、リアル世界へ進展するのが当たり前になった昨今。一昔は考えられなかった出会いが世の中に溢れている。そこで今回は、今話題のiBeacon(アイビーコン)を用いたO2Oアプリを紹介する。 引用:AYATORI MATCH ▼参照 「ネットで知

Appleも注目する屋内位置測位技術 3手法 まとめ

クーポン配布や情報配信などのO2Oサービスを提供する上で重要となる情報は「ユーザの正確な位置」である。屋外であれば衛星利用測位システム(GPS)による位置情報を利用できるが、大型商業施設などの屋内環境では、屋根や壁などの影響によりGPSの電波が弱まり、正確な位置情報を得ることができない。そこで、BLE / iBeaconや超音波ビーコンなどの、屋内におけるユーザの位置を測位する手法が多く提案されている。Appleが屋内位置情報の取得のための特許を出願するなど、注目が集まる屋内位置測位技術について、一部をピックアップし解説する。 3つの特徴的な屋内位置測位技術 BLE (Bluetooth Lo

これだけ知っていれば大丈夫!O2Oオムニチャネルマーケティング担当者に必要なiBeacon知識まとめ(後編)

今、「オムニチャネル」や「O2O」の分野で注目を集めている新技術がある。2013年9月にリリースされたiBeacon(アイビーコン)だ。2014年度に入り、国内の代表的なパソコン雑誌「週刊アスキー」や「MacPeople」が相次いで、iBeaconの特集を掲載している。国内では楽天や大日本印刷がiBeaconを利用したブロモーション施策を実施している。 海外事例では、イギリス大型スーパー「Tesco」「Waitrose」がiBeaconを活用した集客サービスのトライアルをはじめたり、コカコーラが次期ワールドカップに向けてiBeaconを使った大掛かりなテストを行うなど、iBeaconを利用した

これだけ知っていれば大丈夫!O2O・オムニチャネルマーケティング担当者に必要なiBeacon知識まとめ(前編)

引用元:Estimote Beacon 今、「オムニチャネル」や「O2O」の分野で注目を集めている新技術がある。2013年9月にリリースされたiBeacon(アイビーコン)だ。2014年度に入り、国内の代表的なパソコン雑誌「週刊アスキー」や「MacPeople」が相次いで、iBeaconの特集を掲載している。国内では楽天や大日本印刷がiBeaconを利用したプロモーション施策を実施している。 海外では、コカコーラが次期ワールドカップに向けてiBeaconを使った大掛かりなテストを行うなど、iBeaconを利用したマーケティング事例が増加している。しかし、「名前を聞いたことがあるが、その仕組みや

最も身近なO2O・オムニチャネルのインフラ!人体を通信経路にする「BAN」とは!?

近年、iBeacon(アイビーコン)やウェアラブルデバイスの登場により、O2O、オムチャネルの動きに拍車がかかっている。そんな中、以前から研究が進められていて、有線でも無線でもない、手など身体の一部を利用して情報のやり取りを行うユニークな通信が注目を浴びている。2014年7月には、次世代人体通信技術「CCCC」の事業化を進めるQUADRACが、産業革新機構を割当先とした約7億円の第三者割当増資を実施したりと活発化している。 今回は、その人体通信BAN(Body Area Network)について紹介をする。 引用元:電界通信認証「タッチタグ」:SOLEKIA   そもそも「BAN」と

IoTをいち早く体験!「airfy Beacon」で家電を自動化

AppleのiOS7から利用可能になり、聞く機会の多くなった「iBeacon(アイビーコン)」。アパレル業界を筆頭にマーケティング分野ではビーコンの導入事例も見られるようになってきているが、いまいちピンと来ない方も多いのではないだろうか。 そんな中、登場したのがビーコンで自宅を自動化してくれるデバイス「airfy Beacon」だ。 引用元:airfy Beacon   スマホで自宅を自動化 airfy Beacon端末を寝室/キッチン/リビングなど自宅の様々な場所に配置しておけば、専用アプリをインストールしたスマートフォンを持った人との距離に応じて、家電を操作したり、IFTTTのレ

すべてのスマホにO2Oサービスを提供可能!超音波技術 活用事例 3選

すべてのスマホに対応可能な超音波方式 近年、Bluetooth LE (iBeacon、アイビーコン)やNFCなどの技術を利用したさまざまなO2Oサービスが提供されている。しかし、これらの技術に未対応のスマートフォンの数は多く、すべてのユーザに対して十分なO2Oサービスを提供することは難しい。そこで、注目されているのが超音波を利用した方式だ。人間には聞き取ることのできない音である超音波を、マイクから取得することにより、ほとんどのスマートフォンに対してサービスを提供することができる。今回は、超音波を利用した方式について簡単に解説しつつ、超音波を活用したO2Oサービス施策事例について紹介する。 そ

あなたの生活を変えるかも!?国内最新のiBeacon導入事例4選

国内外でiPhone6が、もう間もなく発売されると囁かれている中、予想される新機能に注目が集まっている。その中でも、当編集部も、以前取り上げたことのあるiBeacon(アイビーコン)機能は、Appleが純正のiBeacon端末を出すなどと噂をされており、さらに多くの可能性を秘めていると言えるだろう。iPhone6のiBeacon機能によって、これからのお買い物が大きく変わるかも知れない。 今回は、iPhone6の発売前に国内最新のiBeacon導入事例について紹介する。これを知ったその時から、あなたの生活が変わるかもしれない。   出典:http://iphone6update.co

オムニチャネル・O2O担当者必見のTwitterアカウント7選

だれもかれも、オムニチャネル・O2Oの取り組みを叫ぶ中で、急速に変化しつつある顧客の購買行動を深く洞察した上で知見を述べる優良な情報源は多くない。今回、皆さんにご紹介したいのは、当編集部が独断で選んだオムニチャネル・O2Oに該当する領域で注目すべき企業とそのキーパーソンたちだ。ぜひとも、今後の情報収集に役立てて欲しい。 Estimote 引用元:Polska (左:Jakub Krzych 右: Łukasz Kostka) https://twitter.com/jimiasty EstimoteCEOのJakub Kyzychは、Beacon端末のEstimoteを提供している。Estim

iBeaconを活用したO2Oオムニチャネル海外マーケティング事例 ~スーパー編~

引用元:Gigazine 今、「オムニチャネル」や「O2O」の分野で注目を集めている新技術がある。2013年9月にリリースされたiBeacon(アイビーコン)だ。2014年度に入り、国内の代表的なパソコン雑誌「週刊アスキー」や「MacPeople」が相次いで、iBeaconの特集を掲載している。国内では楽天や大日本印刷がiBeaconを利用したブロモーション施策を実施している。海外では、コカコーラがワールドカップに向けてiBeaconを使った大掛かりなテストを行うなど、iBeaconを利用したマーケティング事例が増加している。そんな中で、今回は海外のスーパーで実施されているiBeaconを活用