人工知能(AI)

人工知能(AI)に関する、世界の最新テクノロジー情報をお届け!人口知能(AI)の動向だけでなく、ビジネスへの活用方法に関する記事をご紹介します。

人工知能(AI) の記事一覧

【連載企画】世界の超巨大企業が取り組むディープラーニング(Deep Learning)開発

今回は「ディープラーニングと未来」の連載第3回としてディープラーニング(Deep Learning)開発に取り組む世界の巨大企業、Facebook、Baidu、Googleの取り組みを紹介する。 第1回:【連載企画】今世界で注目を集める「ディープラーニング(Deep Learning)」とはなにか 第2回:【連載企画】やさしく分かるディープラーニング(Deep Learning)の成り立ちと歴史 第3回:【連載企画】世界の超巨大企業が取り組むディープラーニング(Deep Learning)開発 第4回:【連載企画】ディープラーニング(Deep Learning)開発を行う海外スタートアップ3選

【連載企画】やさしく分かるディープラーニング(Deep Learning)の成り立ちと歴史

前回連載第1回では、ディープラーニング(Deep Learning)とは何かについてご紹介した。今回はディープラーニングの源流であるニューラルネットワークの成り立ち、歴史についてご紹介したい。 ディープラーニングとは、経験(データ)により自ら賢くなるアルゴリズムである機械学習という技術の一種である。現在、Google、FacebookなどをはじめとしたIT業界の巨大企業たちが研究・開発・実装に大きく力を入れており、音声認識の飛躍的な精度向上、人間と遜色ないレベルの顔認証技術など、既に様々な分野に利用されて驚くべき成果を挙げている。この様に、我々の世界に大きなインパクトを起こしつつあるディープラ

【連載企画】今世界で注目を集める「ディープラーニング(Deep Learning)」とはなにか

最近ディープラーニング(Deep Learning)という言葉が世を賑わしている。Googleトレンドが示すところによると、2013年辺りからディープラーニングというワードは注目を浴び始め、最近では自動運転を構築するコンピュータ「NVIDIA DRIVE」にディープラーニングが用いられた事でも注目を集めた。 本日から五回にわたって、「ディープラーニングと未来」というテーマで連載を行う。今回は「ディープラーニングと未来」の連載第一回目として、ディープラーニングとは何かに迫りたい。 第1回:【連載企画】今世界で注目を集める「ディープラーニング(Deep Learning)」とはなにか 第2回:【連

【連載企画】スマートシティの未来に関する3つの予測

前回第4回記事では、スマートシティ事業に取り組む注目企業を紹介した。スマートシティ特集最終回となる今回は、スマートシティの未来を考察していく。 近年、自然資源に依存しない、人と環境にやさしいスマートシティの建設は、世界各国の重要課題として研究・開発が急がれている。現在国内外を問わず、多くの都市がスマートシティプロジェクトに取り組んでいるが、そのほとんどはまだ実証実験段階にとどまっている。そこで今回は、国内外でスマートシティ事業に取り組む企業や、予測を発表している記事の内容を元に、スマートシティの未来に関する考察をお伝えする。 第1回:【連載企画】世界の最先端ICT技術が結集!未来型都市「スマー

自動運転自動車の未来を拓くコンピュータ「NVIDIA DRIVE」の性能に迫る

引用:Conducción inteligente de la mano de Nvidia 2015年1月4日、アメリカ合衆国カリフォルニア州にある半導体メーカーのNvidia Corporation(エヌビディアコーポレーション:以下、Nvidia)は、2015年1月5日から1月9日にわたって、ラスベガスで開催されていた世界最大級の家電展示会「CES2015」のなかで2つの製品を発表をした。 1つ目は、自動運転機能を開発する「NVIDIA DRIVE PX」。もう1つは最先端のデジタル・コクピットを構築する「NVIDIA DRIVE CX」だ。この2つの製品は自動車の自動運転技術を実現する

IoT時代の高性能シングルボードコンピュータ「RaspberryPi 2 ModelB」

今年2月2日、格安PCボード「Raspberry.Pi(ラズベリーパイ)」を開発するRaspberry.Pi.Foundationはラズベリーパイの2世代目になる「Raspberry.Pi.2.Model.B」を発表した。 欧米での販売価格は35ドルと据え置きとなり、「Raspberry.Pi.2.Model.B」はCPU性能を向上させている。日本ではアールエスコンポ―ネンツ株式会社が法人向けに4,291円(税抜)で発売を開始した。 ▼参照 http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/020200383/ 世界で400万台以上販売されている「Raspber

日常を様変わりさせる2015年注目のテクノロジー

デジタル戦略を得意とするコンサルティンググループWebbmedia Groupによれば、2015年は生活者の行動や企業の経営戦略に大きな影響を与えるテクノロジーが登場する。私たちの日常はどういった技術によって前進するのだろうか。早速、2015年注目のテクノロジーを見ていこう。 ▼参照 http://www.slideshare.net/webbmedia/2015-tech-trends ディープラーニング(Deep Learning 深層学習) 引用:http://www.extremetech.com/computing/167179-facebook-is-working-on-deep

機械学習技術が命を救う!IBMが皮膚癌の早期発見技術を開発

技術革新によって、私たちの寿命はどこまで伸びていくのだろう。2014年現在の日本人の平均寿命は男性が80.21才、女性は86.61才にも達する。世界で最も国民の寿命が短い国、シエラレオネ共和国の平均寿命が46才であることを考えると驚くべき数字だ。私たちの寿命がここまで長くなった背景には、医療技術の進歩がある。特に、日本人の死因の3割を占めると言われる癌の早期発見技術は、私たちの寿命に大きな影響を及ぼす。 ▼参照 http://www.asahi.com/articles/ASG703HKDG70UTFL001.html IBMが機械学習を用いた皮膚癌の早期発見技術を開発 今回米国のIBM Re

もう洗濯なんてしなくていい!全自動洗濯ロボット「PR2」

引用:Willow Garage Inc. 愛くるしい全自動洗濯ロボット「PR2」 家事を全てロボットがこなしてくれる時代はそう遠くはないかもしれない。アメリカのロボットベンチャーWillow Garageが開発しているPR2というロボットをご存知だろうか。PR2 は全方向に移動できる胴体に2本のアーム、カメラやセンサー、Wi-Fiを備えた自律型ロボットである。2010年にアメリカのカリフォルニア大学バークレー校で行われたデモでは、PR2がタオルを畳む様子が公開され、話題を集めた。 こちらがその時の映像である。 [su_youtube url=”https://www.youtub

小売関係者なら最低限おさえておきたい顔認証O2Oマーケティングの海外事例

引用元:Yawn and get coffee コーヒーで成功したマーケティングと言えばCMにAKB48を起用して、もともと朝に飲むものだったコーヒーを朝専用と名づける事で他製品との差別化に成功したWONDAが思い浮かぶ。 AKBが登場するCM動画はこちら 飲料などは商品自体による差別化が難しいため、巧妙なマーケティング戦略が展開されるケースが多い。その中でも、今回ご紹介するのは顔認証を用いた飲料メーカーの事例だ。 寝ぼけ顔にコーヒーをプレゼント、「Douwe Egberts」の顔認証キャンペーン コーヒーメーカー 「Douwe Egberts 」は、空港に設置されたコーヒーベンダーに顔認証機

写真を撮るだけで薬の種類を判別!O2Oアプリで医療のCRMにも変革の予感!?

薬の写真を撮るだけで、その薬の種類・処方などの情報が取得できる上、 電子カルテとの連携もできてしまう医療系サービス「Medsnap」をご紹介します。 Medsnapでできることは、主に以下の3つ。 1)画像から薬の種類を判別し、情報を表示、記録 2)電子カルテとの連携(データインポート、エクスポート) 3)薬の処方、論文にアクセスできる 専用のトレイに薬をのせて、アプリを通して写真を撮るだけで 複数の薬の情報を一度に取得・登録することができます。 さらに機械学習により、使えば使うほどかしこくなり精度が高くなるという仕組み。 使い方ムービーはこちら。 おくすり手帳、ってみなさん使っていますか?