ニュース一覧に戻る

News ニュース

CA ABEJA、ディープラーニングを活用した 広告クリエイティブ画像の効果予測モデルを開発

〜開発したAIモデルをSaaSとして、サイバーエージェント内で実運用開始〜

 広告クリエイティブ自動生成システムの研究開発・販売を行う株式会社CA ABEJA(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:内藤貴仁、以下CA ABEJA)は、株式会社ABEJA(本社:東京都港区、代表取締役社長:岡田陽介、以下「ABEJA」(アベジャ))が提供するAIプラットフォーム「ABEJA Platform」上で、広告クリエイティブ画像の効果を予測するAIモデルを開発しました。また、開発したAIモデルをSaaSとして、サイバーエージェント内で実運用を開始しています。

 CA ABEJAは、サイバーエージェントとABEJAが共同出資を行い、両者の強みを活かした新世代の広告クリエイティブ制作の研究・開発を強化し、大量の高品質な広告クリエイティブ制作と最適化を行うことを目的として2018年4月に設立された合弁会社です。CA ABEJAはABEJA Platformを活用したサービス展開をするABEJAの事業戦略パートナーでもあり、広告・メディア業界を中心に展開するAIのSaaSを提供してまいります。

 取組の第一段階として、CA ABEJAは、作成した広告クリエイティブに対し、配信後の効果を予測するAIモデルを「ABEJA Platform」上で開発しました。具体的には、作成した広告クリエイティブの配信後の効果を予測するAIモデルをSaaSとして提供します。本SaaSにより、広告クリエイティブの効果を配信前に予測することで、多数のクリエイティブを一度配信して結果を確認するA/Bテストのプロセスを省力化することができ、広告効果が高い広告クリエイティブのみを配信することを可能にします。各々の広告主が広告クリエイティブ画像データに紐づく表示回数・クリック数・コンバージョン数等の過去の広告配信データを保有している場合は、それらのデータを用いて再学習し、広告主ごとに個別最適化したモデルを生成、広告主の配信システムと連携することもできます。

 また、本SaaSとサイバーエージェントが開発し提供している商品データを一元管理し各広告配信先の仕様にあわせて最適化したデータフィードの生成が可能な「CA Data Feed Manager」を連携し、サイバーエージェント内での実運用を開始しています。

 これからもCA ABEJAでは、両社の強みを活かすことで、新世代の広告クリエイティブ制作および広告の最適化を実現するための機能を強化してまいります。

■ 広告クリエイティブの効果予測モデル利用イメージ

■ CA ABEJAについて
会社名 :株式会社CA ABEJA  (読み:シーエー アベジャ)
設立日 :2018年4月2日
所在地 :東京都渋谷区道玄坂1-12-1
代表者 :代表取締役社長 内藤 貴仁
資本金 :5,000万円
出資比率 :サイバーエージェント60% ABEJA40%
事業内容 :広告クリエイティブ自動生成システムの研究開発・販売
     小売向けソリューションABEJA Insight for Retailの新機能開発・販売

■ サイバーエージェントについて
会社名 :株式会社サイバーエージェント
設立日 :1998年3月18日
本社所在地 :東京都渋谷区道玄坂1-12-1
代表者 :代表取締役社長 藤田 晋
資本金 :7,203百万円(2018年9月末現在)
事業内容 :メディア事業、インターネット広告事業、ゲーム事業、投資育成事業
URL :https://www.cyberagent.co.jp/

■ ABEJAについて
ABEJAは「ゆたかな世界を、実装する」を企業理念に掲げ、テクノプレナーシップという行動精神の体現を通じて、AI/ディープラーニングをはじめとしたテクノロジーを活用し、あらゆる業界やシーンにおける産業構造変革を実現するきぎょうです。2012年の創業時より、コンピュータサイエンスを専門とする多数の大学教授陣と共同で研究開発を行っており、自社開発のディープラーニング技術をコアに、AIの社会実装事業を展開。小売流通、製造、物流、インフラをはじめとしたあらゆる業界において、一気通貫したAIの導入、活用支援を行っています。2017年3月にシンガポール法人を設立しASEANを中心としたグローバル展開も進めています。

会社名 :株式会社ABEJA
代表者 :代表取締役社長 岡田 陽介
所在地 :東京都港区白金1-17-3 NBFプラチナタワー10F
事業内容 :ディープラーニングを活用したAIの社会実装事業
URL :https://abejainc.com

ニュース一覧に戻る