ニュース一覧に戻る

News ニュース

「AIの民主化」へ一歩 「ABEJA Platform Accelerator」(α版)試用開始

~非エンジニアもAI開発の初期仮説検証が可能に~

ディープラーニングを活用したAIの社会実装事業を展開する株式会社ABEJA(本社:東京都港区、代表取締役社長:岡田陽介)は3月5日、AI開発の初期仮説検証が簡単にできる「ABEJA Platform Accelerator」(α版)の試用を開始いたしました。プログラミングなどの専門知識を要さずに、非エンジニアもAIの実装に欠かせない仮説検証を迅速・安価に進められるようになります。誰もが気軽にAIを使える「AIの民主化」に向けた一歩、と位置づけています。

AIモデルの開発では、事前に立てた仮説の検証を初期段階で繰り返すことで、運用上の課題を見つけておくことが性能向上には不可欠です。ただ、この検証のプロセスは対象データの大量収集から計算リソースの確保、モデル開発・実験まで多岐にわたり、これらを運用できる専門知識を持ったエンジニアも必要なため、多大なコストを要するという課題もありました。

ユーザーが学習に必要な画像などのデータをアップロードすると、ABEJA Platform Acceleratorにあらかじめ用意されたAIモデルがそのデータを学習します。高度な作業を要さず、学習結果の精度を評価するレポートを入手する段階まで進めます。その結果、今までコストがかかっていた検証のためのAI開発のプロセスが簡略化されました。

また、この学習したAIモデルをWEB上で外部システムに共有できるAPIとして提供するサービスも今後検討しています。

このほか、AIに傾向を教え込む「教師データ」の作成を省力化する「ABEJA Platform Annotation」なども活用することで、AIの初期仮説検証から実証実験、本番運用まで一貫してスムーズなAIモデルの開発が実現できます。

ABEJAは、これからもAIの社会実装を加速させ、あらゆる業界やシーンにおける産業構造の変革に貢献するサービスの実現に取り組んで参ります。

※ABEJA Platformとは
データの取得、蓄積、アノテーション(教師データ作成)、学習、デプロイ、推論、再学習といった事業のAI化に欠かせない工程を一貫して進めることができる自社開発のプラットフォーム。2012年から培ってきたAI実装の実績・ノウハウをプラットフォームに提供し、AIを最速・最短でビジネスに実装できる環境を構築しています。これまで150社を超える企業に導入されています。

■ 「ABEJA Platform Accelerator」(α版)で利用できるAIモデル一覧(2019年3月時点)
– 画像のクラス分類
– 画像の物体検出

■ 株式会社ABEJAについて
ABEJAは「ゆたかな世界を、実装する」を企業理念に掲げ、テクノプレナーシップという行動精神の体現を通じて、AI/ディープラーニングをはじめとしたテクノロジーを活用し、あらゆる業界やシーンにおける産業構造変革を実現する企業です。2012年の創業時より、コンピュータサイエンスを専門とする多数の大学教授陣と共同で研究開発を行っており、自社開発のディープラーニング技術をコアに、AIの社会実装事業を展開。小売流通、製造、物流、インフラをはじめとしたあらゆる業界において、一気通貫したAIの導入、活用支援を行っています。2017年3月にシンガポール法人を設立し、ASEANを中心としたグローバル展開も進めています。

会社名 :株式会社ABEJA
代表者 :代表取締役社長 兼 共同創業者 岡田陽介
所在地 :東京都港区白金1-17-3 NBFプラチナタワー10F
事業内容 :ディープラーニングを活用したAIの社会実装事業
URL :https://abejainc.com

《 本件に関するお問合せ 》
株式会社ABEJA 広報:一ノ宮
Tel: 03-5447-7430 Email: pr@abejainc.com
株式会社井之上パブリックリレーションズ ABEJA PR担当:関、畑澤、高野
Tel: 03-5269-2301 Fax: 03-5269-2305 Email: abeja@inoue-pr.com

ニュース一覧に戻る