ニュース一覧に戻る

News ニュース

「ABEJA Platform」、国内で初となる 「AWS Machine Learning コンピテンシー」パートナーに認定

 ディープラーニングを活用したAIの社会実装事業を展開する株式会社ABEJA(本社:東京都港区、代表取締役社長:岡田陽介、以下 ABEJA(アベジャ))は、アマゾン ウェブサービス(以下、AWS)の「AWS Machine Learning コンピテンシー」パートナーに、2018年11月に認定されましたので、お知らせいたします。なお、本コンピテンシーの” プラットフォームソリューション”カテゴリーにおいて、ABEJAは、グローバルでは8社目、国内では初となる認定組織となりました。

「AWS コンピテンシー」とは、習熟した技術を持ち、専門的なソリューションエリアでAWSの顧客を成功に導いた実績を持つAWS パートナーネットワーク (以下、APN)パートナーに付与される資格です。また、「AWS Machine Learning コンピテンシー」とは、新たに公開された機械学習領域の卓越した技術と導入実績を持つパートナー向けのAWSコンピテンシーであり、この度の認定においては、ABEJAの提供する「ABEJA Platform」が、”プラットフォームソリューション”カテゴリーで評価を受け、国内初となるパートナーとして認定されました。

 「ABEJA Platform」は、AIの継続的なインテグレーションに必要なパイプラインを包括的に提供するプラットフォームであり、AI、特にディープラーニングを活用するための5つの運用サイクル、①取得、②蓄積、③学習、④デプロイ、⑤推論・再学習、における各工程において必要なインフラや周辺システム等を利用でき、AI、特にディープラーニングの実装および運用において大幅な省力化・自動化を可能とするプラットフォームです。この度の認定においては、「ABEJA Platform」が、データサイエンティストや ML ユーザーに代わり、手間の掛かるデータサイエンスに対処しタスクを自動化する効率的な次世代プラットフォームであること、また、公開されている事例も含め既に顧客の成功事例を複数有している点を、評価いただきました。

 ABEJAは、「AWS Machine Learning コンピテンシー」認定パートナーとして、引き続き、AI、特にディープラーニングの活用により、国内外問わず多様な業界、シーンにおけるビジネスのイノベーションを促進し産業構造の変革に貢献してまいります。

■ AWS Machine Learning コンピテンシーについて
https://aws.amazon.com/jp/machine-learning/partner-solutions/

■ AWS コンピテンシープログラムについて
https://aws.amazon.com/jp/partners/competencies/

【 株式会社ABEJAについて 】
 ABEJAは、蓄積されたビックデータから、人間の手を介さずしてそのデータを適切に表現する特徴量を自動的に抽出する「ディープラーニング」を活用し、多様な業界、シーンにおけるビジネスのイノベーションを促進するベンチャー企業です。2012年の創業時より、国内のAI関連を専門とする大学教員陣と連携し、ディープラーニング技術などの研究を行っており、提供するサービスで用いられるディープラーニングの技術はすべて自社で開発しています。AIの実装及び運用基盤であるプラットフォーム「ABEJA Platform」を活用し、ダイキン工業、武蔵精密工業等との協業を実施、各種ソリューションを様々な業界に提供し、150社以上でAIの本番運用を実現しています。また、小売・流通業界、製造業界、インフラ業界向けのパッケージサービス「ABEJA Insight」 の提供を行っており、これまで、パルコ、ICI石井スポーツ等、国内大手小売・流通企業を中心に約100社520店舗(2018年11月末時点)以上への導入実績を有します。2017年3月にはシンガポール共和国に現地法人を設立し、ASEANを中心としたグローバル展開も進めています。

会社名: 株式会社 ABEJA
代表者: 代表取締役社長 岡田 陽介
所在地: 東京都港区白金1-17-3 NBFプラチナタワー10F
事業内容: ディープラーニングを活用したAIの社会実装事業
URL: https://abejainc.com

※アマゾン ウェブ サービス、AWS、AWS コンピテンシーは、米国その他の諸国における、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

ニュース一覧に戻る