ニュース一覧に戻る

News ニュース

日本腸内検査株式会社との業務提携に関するお知らせ

〜 AIを活用した腸内環境の解明に向け協業を開始 〜

 ディープラーニングを活用したAIの社会実装事業を展開する株式会社ABEJA(本社:東京都港区、代表取締役社長:岡田陽介、以下 ABEJA(アベジャ))は、次世代シーケンサー(以下 NGS)を用いた腸内検査を提供する日本腸内検査株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:松本直純、以下 日本腸内検査)と業務提携契約を締結し、腸内環境の解明に向けAIを活用した協業を、2018年10月26日に開始いたしましたので、お知らせいたします。

  日本腸内検査は、2018年4月に創業し、9月より、医療機関、検診センター、企業に対して腸内細菌検査の提供を開始しています。横浜市鶴見区にあるラボにNGSを保有し、検体の受付、検査、結果の解析と判定、結果報告書の作成をすべて自社で行っています。検査結果は13桁のIDで管理され、受診者の様々なデータとともにデータベースに蓄積しています。受診者に提供される結果報告書は、得られた腸内細菌のデータから、数値化、コメントの選択などを行い、分かりやすくまとめています。また検査方法のリファイン、必要な物品などの見直しにより低価格化を実現し、受診者の増加によるデータの蓄積を目指しています。

 ABEJAは、2012年の創業時より、国内のAI関連を専門とする大学教員陣と連携し、ディープラーニングの研究開発を行っており、提供するサービスで用いられるディープラーニングの技術は、全て自社で開発しています。コア技術であるAIの継続的なインテグレーションに必要なパイプラインを包括的に提供するプラットフォーム「ABEJA Platform」を活用し、製造業界、小売・流通業界、インフラ業界などと協業を実施、各種ソリューションを様々な業界に提供し、100社以上でAIの本番運用を実現しています。

 近年注目を集める腸内細菌叢(腸内フローラ)とは、腸内に生息する複雑な微生物生態系を指し、宿主である「人」の生理状態、食習慣などの生活習慣の影響を受け変化することなどが解明されています。また、腸内細菌叢は、人の健康や疾病の発症に関与して健康に様々な影響を与えることも明らかにされています。

 この度の協業は、日本腸内検査がNGSの結果から収集する腸内細菌叢データ等をデータベース化、ABEJA Platformを用いて解析し、予防医学への応用も視野に入れ腸内環境がおよぼす人間の身体への影響を詳細に解明することを目的としています。具体的には、日本腸内検査が、約10万人のNGS受診者から数年間に渡り年1、2回程度の腸内細菌叢のデータを収集し、また、問診から得られる受診者の食生活や体調、医療機関や検診センターからの各種検査やバイオマーカーの情報など受診者の背景データ、健康診断などを介して取得した社員の健康情報などもあわせてデータベースに蓄積しビックデータ化していきます。ビックデータ化された各種データを、ABEJAが統計的に解析し、腸内の環境が人体に与える影響についての関連性を明らかにするとともに対応方法を考案します。

 ABEJAは、日本腸内検査との連携を進め、生活習慣病などの疾病の予防、未病での維持や改善、健康増進などに貢献すべく、AIを活用した腸内環境の解明に取り組みます。また、引き続き、AI、特にディープラーニングの活用により、国内外問わず多様な業界、シーンにおけるビジネスのイノベーションを促進し、産業構造の変革に貢献してまいります。

日本腸内検査株式会社について 】
  ヒトの糞便から採取した検体から抽出・精製したDNAをターゲットとして、細菌が共通で保有する16SリボゾーマルRNA領域を、NGSを用いてシークエンスすることで、それらの検体に含まれる細菌の種類と割合を検出します。得られたデータから、腸内環境の良し悪しを数値化、エンテロタイプと呼ばれる型判定、肥満のリスク、特定の細菌に関するコメントなどを記載した結果報告サービスを本年9月より開始しています。NGSでの検査結果と合わせて、問診による受診者の食生活などの生活環境情報、そして医療機関や企業との連携によるバイオマーカーの情報などをデータベースに蓄積する予定です。今回のアベジャ社との提携により、これらのデータの有効な活用法を検討し、腸内細菌検査による健康増進、疾病の予防などに役立てたいと考えています。

会社名: 日本腸内検査株式会社
代表者: 代表取締役 松本直純
所在地: 神奈川県横浜市鶴見区末広町1-1-40 横浜市産学共同研究センター207号室
事業内容: NGSを用いた細菌叢検査および腸内細菌叢検査結果に基づく情報提供サービス
URL: https://choukensa.jp

【 株式会社ABEJAについて 】
  ABEJAは、蓄積されたビックデータから、人間の手を介さずしてそのデータを適切に表現する特徴量を自動的に抽出する「ディープラーニング」を活用し、多様な業界、シーンにおけるビジネスのイノベーションを促進するベンチャー企業です。2012年の創業時より、国内のAI関連を専門とする大学教員陣と連携し、ディープラーニング技術などの研究を行っており、提供するサービスで用いられるディープラーニングの技術はすべて自社で開発しています。コア技術であるAIプラットフォーム「ABEJA Platform」を活用し、ダイキン工業、武蔵精密工業、コマツ製作所等との協業を実施、各種ソリューションを様々な業界に提供し、100社以上でAIの本番運用を実現しています。また、小売・流通業界、製造業界、インフラ業界向けのパッケージサービス「ABEJA Insight」の提供を行っており、これまで、パルコ、ICI石井スポーツ等、国内大手小売・流通企業を中心に約100社520店舗(2018年8月末時点)以上への導入実績を有します。2017年3月にはシンガポール共和国に現地法人を設立し、ASEANを中心としたグローバル展開も進めています。

会社名: 株式会社 ABEJA 
代表者: 代表取締役社長 岡田 陽介
所在地: 東京都港区白金1-17-3 NBFプラチナタワー10F
資本金: 5,399,974,043円(資本準備金含む)
事業内容: ディープラーニングを活用したAIの社会実装事業
URL: https://abejainc.com

《 本件に関するお問合せ 》
株式会社ABEJA 担当:広報 中野・一ノ宮
電話番号:03-5447-7430 
メール:pr@abejainc.com

ニュース一覧に戻る