ニュース一覧に戻る

News ニュース

ABEJA、東京シャツに「ABEJA Insight for Retail」を提供

「ABEJA Insight for Retail」の追加機能として導線分析(フルトラッキング)の本格提供を開始

 ディープラーニングを活用したAIの社会実装事業を展開する株式会社ABEJA(本社:東京都港区、代表取締役社長:岡田陽介、以下 ABEJA(アベジャ))は、「BRICK HOUSE by Tokyo Shirts」などの店舗ブランドで、高品質なシャツ専門店チェーン全国約190店舗を展開する東京シャツ株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長:鈴木弘之、以下 東京シャツ)が運営する都内4店舗へ、「ABEJA Insight for Retail」の提供を、9月25日より開始しましたので、お知らせいたします。

ABEJAは、創業以来、ディープラーニング技術を活用し様々な大量データの取得、蓄積、学習、デプロイ、運用(推論・再学習)を行うPaaS(Platform as a Service)技術である「ABEJA Platform」の研究開発を行ってまいりました。また、2015年10月より「ABEJA Platform」をベースに、小売・流通業界に特化したSaaS(Software as a Service)「ABEJA Insight for Retail」の提供を開始し、国内100社以上520店舗以上(2018年8月末時点)に提供し、店舗運営の改善に資するソリューションを提供しております。

「ABEJA Insight for Retail」は、ディープラーニング技術等を活用し、ネットワークカメラ等のIoTデバイスにより取得した画像を解析し、① 来店人数カウント、② 年齢性別推定、③ 棚前立ち寄り分析、④ リピート推定などの機能を提供してまいりました。この度、「ABEJA Insight for Retail」を導入いただいた東京シャツの店舗は、TOKYO SHIRTSウィング新橋店、BRICK HOUSE by Tokyo Shirts亀有アリオモール店、BRICK HOUSE by Tokyo Shirts錦糸町アルカキット店、BRICK HOUSE シャツ工房 五反田レミィ店の4店舗となります。このうち、BRICK HOUSE by Tokyo Shirts錦糸町アルカキット店およびBRICK HOUSE シャツ工房 五反田レミィ店には、既存機能である①を活用し、店舗の来店人数と店前通行量のカウント機能を提供し、BRICK HOUSE by Tokyo Shirts亀有アリオモール店には、①を活用した店前通行量のカウントの他、「ABEJA Insight for Retail」の1機能として2018年7月より本格提供を開始した⑤導線分析(フルトラッキング)を提供いたしました。また、9月25日(火)にオープンを予定しているTOKYO SHIRTSウィング新橋店には、⑤の機能を導入いただいております。

 2018年7月に本格提供を開始した、導線分析(フルトラッキング)機能は、店舗全体を網羅するように設置した数台の光センサーを用いて、各センサーが発する光の反射から物体の座標データを取得し、取得した座標データを照合することで、店内における人の回遊や動作を把握する機能です。光センサーによる導線分析(フルトラッキング)機能を活用することで、店内の回遊や滞在状況、入店後最初に立ち止まる棚などの把握が可能になり、店内レイアウトの効果検証に活用することができます。また、本機能の導入で、①の用途を兼ねることも可能です。今後は、導線分析データを年齢性別推定データ等の「ABEJA Insight for Retail」上で取得・蓄積した他データと連係することにより、属性別の導線分析の傾向を把握するなど、新たなデータの価値創造に向けて実証実験を進めることも予定しています。

 この度の「ABEJA Insight for Retail」導入に際しては、店舗の形態に合わせ導入機能をお選びいただいてます。TOKYO SHIRTSウィング新橋店は、ECサイトと連動することで新しい快適な店舗のカタチを実現する店舗であり、この新たな試みを実施する店舗で、来店人数および店内の回遊・滞在状況を把握して店舗施策の効果を検証することを目的に導入いただきました。また、その他3店舗については、いずれも商業施設内のテナントであり、店舗前の通行量と来店人数を分析し入店率を取得すること、また買上率を取得し、これらの指標から売上ポテンシャルを把握、および、販促施策の効果検証を行うことを目的に導入いただきました。

 ABEJAは、「ABEJA Insight」の普及を通し、小売・流通業界、製造業界、インフラ業界におけるAI、特にディープラーニングの適用を促進し、顧客と共にビジネスの効率化・自動化に取り組み、産業構造の変革に貢献してまいります。

■ ABEJA Insight for Retail導入店舗概要

TOKYO SHIRTSウィング新橋店(2018年9月25日オープン予定)
住所 :東京都港区新橋2丁目 東口地下街1号
導入機能 :導線分析(フルトラッキング)

BRICK HOUSE by Tokyo Shirts亀有アリオモール店
住所 :東京都葛飾区亀有3−49−3
導入機能 :来店人数カウント、導線分析(フルトラッキング)

BRICK HOUSE by Tokyo Shirts錦糸町アルカキット店
住所 :東京都 東京都墨田区錦糸2-2-1
導入機能 :来店人数カウント、店前通行量カウント

BRICK HOUSE シャツ工房 五反田レミィ店
住所 :東京都 東京都品川区東五反田2-1-2
導入機能 :来店人数カウント、店前通行量カウント

■ ABEJA Insight for Retail追加機能:導線分析(フルトラッキング)機能概要

名称  :導線分析
本提供開始日  :2018年7月
業界  :小売・流通業界
機能  :店内における人の回遊・滞在状況の可視化、測定結果のレポーティング(管理画面への反映・表示は、2018年内提供予定)
価格  :月額20,000円/カメラ1台
※別途機器設置費用が発生
※店舗の形状により設置台数が異なるため、別途見積もりが必要
※デバイスは株式会社日立エルジーデータストレージ製

■ 導線分析データ取得デバイスイメージ

■ 導線分析データ取得デバイス設置イメージ

■ 株式会社ABEJAについて

ABEJAは、蓄積されたビックデータから、人間の手を介さずしてそのデータを適切に表現する特徴量を自動的に抽出する「ディープラーニング」を活用し、多様な業界、シーンにおけるビジネスのイノベーションを促進するベンチャー企業です。2012年の創業時より、国内のAI関連を専門とする大学教員陣と連携し、ディープラーニング技術などの研究を行っており、提供するサービスで用いられるディープラーニングの技術はすべて自社で開発しています。コア技術であるAIプラットフォーム「ABEJA Platform」を活用し、ダイキン工業、武蔵精密工業等との協業を実施、各種ソリューションを様々な業界に提供し、100社以上でAIの本番運用を実現しています。また、小売・流通業界、製造業界、インフラ業界向けのパッケージサービス「ABEJA Insight」の提供を行っており、これまで、パルコ、ICI石井スポーツ等、国内大手小売・流通企業を中心に約100社520店舗(2018年8月末時点)以上への導入実績を有します。2017年3月にはシンガポール共和国に現地法人を設立し、ASEANを中心としたグローバル展開も進めています。

会社名: 株式会社 ABEJA 
代表者: 代表取締役社長 岡田 陽介
所在地: 東京都港区白金1-17-3 NBFプラチナタワー10F
資本金: 5,399,974,043円(資本準備金含む)
事業内容: ディープラーニングを活用したAIの社会実装事業
URL: https://abejainc.com

《 本件に関するお問合せ 》
株式会社ABEJA 担当:広報 中野
電話番号:03-5447-7430 
メール:pr@abejainc.com

ニュース一覧に戻る