AI Policy AIポリシー

前文
 当社は、AI倫理に関する社会的・国際的な議論の高まりとAIポリシーを重視する声に応じて今回AIポリシーを策定することとしました。当社は、AI開発支援など様々なAIソリューションを顧客の皆様に提供して顧客と一緒に社会変革を実現するBtoBビジネスを行っています。このため、AIに関して当社が重視すべき価値や原則は、顧客ごとに異なるもので、顧客を離れて決めることはできません。このため、本ポリシーは、価値や原則を列挙するのではなく、顧客や取引先の皆様とAI倫理に関する意識を一つにして、一緒にAI倫理上の課題に対応してゆくために定められるものです。
1.基本的な考え
 当社は、産業界のデジタルトランスフォーメーションをAIと人の協調により実現する企業として、顧客と十分に対話し、AIがもたらすプラスの側面のみならず同時に発生する不利益や権利侵害などのマイナスの側面を説明のうえ、AIを実際にご利用になる顧客のビジネスに沿った形で上記の課題に配慮したAIの実現を提案いたします。すなわち、社会全般の動向はもちろんのこと、当社顧客の情勢やエンドユーザーの期待といった顧客ごとに異なる要素を広く考察のうえ、適切なコミュニケーションをとることで顧客と一緒に上記の課題を考えてゆくことが重要であると考えます。
2.全社的な取り組み
⑴ トップマネジメント
当社では経営層自らが上記の課題に対する知見と意識を身に着けるとともに、上記の課題への対応のための全社的なマネジメントを行っています。
⑵ 最新の知見の獲得
当社は、AI倫理などの課題が現在のように広く議論される以前から、この課題に積極的に取り組んできており、業界団体又は公的な研究会などに積極的に参加することや最新の学術的成果の調査などを積極的に行うことで、このような課題に対する最新の知見を獲得しています。
⑶ ガイドライン等の準拠
AI倫理などの課題に対しては、国内外で様々なガイドライン等が公表されていますが、当社はこれらを広く研究し、合理的なガイドラインについて準拠するようにしています。
⑷ 従業員の教育
当社では日ごろから上記のような課題に関するニュースや研究を広く従業員に広めていると同時に、定期的にAI倫理等の課題に関する従業員向け研修を開催しています。
⑸ 外部検討委員会の設立
当社ではAI倫理の問題について検討する外部検討委員会であるEthical Approach To AI(EAA)を設立しています。ここでは具体的な事案に即して外部の有識者より様々な知見を頂いています。
3.事業における取組み
 事業では、顧客の状況やニーズに合わせてAI導入・活用まで支援していることから、ここでは当社は、顧客を取り巻く環境やニーズに合わせて、AI倫理上の課題について一緒に取り組ませていただいています。AI倫理上の保護する価値として、公平性、プライバシー、透明性、安全性、セキュリティ、人間の自律性、環境の保護等の価値が存在しますが、開発するAIの内容、顧客の事業内容、エンドユーザーの意向などを踏まえ取り上げるべき価値や特に重点を置くべき価値を考慮し、顧客と一緒にAI倫理上の課題等に取り組みます。また、必要ある事案については顧客に対しても、しっかりとAI倫理上の課題について説明させていただきます。
4.ABEJA Insight for Retailにおける取組み
 顔認識技術を活用するABEJA Insight for Retailでは、特にプライバシー及び公平性に配慮した取り組みを行っております。ABEJA Insight for Retailを活用する場面毎にお客様のビジネス環境や社会的な要求などを考慮してAI倫理上の課題がないかを検討すると同時に、収集する顔画像データの取扱いには細心の注意を払っています。なお、顔データの取扱いについては、当社プライバシーポリシー(https://abejainc.com/ja/privacy-policy/)をご覧ください。
5.ポリシーの変更
 本ポリシーは、今後も必要に応じて内容を改定・変更する予定です。その際には、適切な方法で変更の事実や内容を公表いたします。

株式会社ABEJA 代表取締役CEO 岡田 陽介