株式会社三陽商会 様
会社名 株式会社三陽商会
事業内容 紳士服・婦人服及び装飾品の製造販売、全国の百貨店、専門店、直営店での製品の販売
Webサイト http://www.sanyo-shokai.co.jp/
インタビュー マッキントッシュフィロソフィービジネス部 店舗運営課 小澤 文人(課長)氏 / 宮本 桂子氏
導入店舗 マッキントッシュフィロソフィー 直営店舗

導入の背景

売上のデータだけでやっていたころには
もう戻れない。

伊藤:はじめは、来店人数、属性推定、動線分析とフルパッケージで導入されましたね。大変だったのでは?

宮本:はい。 MP STOREでは立ち上がりの2018年3月頃に導入したのですが、最初は「どうすればいいか分からない!」と混乱していました。私自身、それまでデータ分析は全く関心がありませんでした。

ただ、開店直後で店にどういう方がいらしているのかなど、基本的なことが分からなかったこともあり、「店で何がおきているかを知りたい」という気持ちが強かった。だからやれたんだと思います。

伊藤:データの分析をどうやって始めたんでしょう。

宮本:ABEJAのカスタマーサクセス(CS)担当の方と、かなりメールのやり取りをしました。2週に1度の定例会にも参加してもらい話を伺いました。

「こんな分析のフォーマットを作ってみたんですけど、どうですか?」「データをどう分析すると、何が分かるのか」とたくさん質問していましたね。

私が担当している店舗は、男女向けの衣料品から、バッグやポーチ、ステーショナリーといった幅広い雑貨まで展開しています。

事例一覧

事例一覧へ戻る

店舗データの取得・活用を
今すぐ始めてみませんか?