ABEJA Insight for Manufacture

お問い合わせ

人工知能の眼で、
生産効率に革新を。

AIを活用した製造現場の生産効率改善サービス
ABEJA Insight for Manufacture。

こんな悩みはありませんか?

検品や商品仕分け
作業負荷が大きい…

故障や異常発生による
無駄なコスト
未然に防ぎたい…

↓

人工知能を活用して
製造現場のコストを大幅に削減!

人工知能を活用した製造現場の生産効率改善サービス

ABEJA Insight for Manufacture とは

ディープラーニングを活用した検査技術がまるで
人工知能の眼のように、製造現場を見守ります。
自動で検品を行なったり、
故障や異常を発生前に見つけたり。
工場に人工知能の眼を実装することで、
飛躍的な生産効率の向上を実現します。

実現できること

自動検品
自動検品
異常検知
異常検知
危険予測
危険予測
商品仕分け
商品仕分け
自動検品

自動検品

良品/不良品データをディープラーニングで学習することで、不良品の自動検知が可能になります。

異常検知

異常予測

機械の稼働データを読み解いて、異常発生をリアルタイムに察知。故障やトラブルを未然に防ぎます。

危険予測

危険検知

操縦機器の動画データ等から、AIが危険を検知。危機回避行動も機械が自動で行います。

商品仕分け

商品仕分け

画像とラベルデータを学習することで、商品の判別が可能に。選別・仕分け作業を自動化できます。

学習に必要なデータ

AIでビジネスの課題を解決するために最も重要なのが、
学習に使用するデータの量と質。
下記のデータをご用意いただくことで、
よりスームズなサービス導入が可能となります。

画像

  • データ量:正常画像 10,000枚以上
  • 解像度:1,000px × 1,000px以上
  • 分解能:350dpi

音声

  • データ量:正常音データ 2週間分以上
  • 分解能:60Hz以上

上記の条件に合致するデータをお持ちでない場合は、
こちらからお問い合わせください。

セミナー・個別相談会

セミナー

2018/5/16 (水) AIによる生産効率の改善、スタートアップ講座 詳細はこちら
2018/5/23 (水) AIによる生産効率の改善、スタートアップ講座 詳細はこちら
2018/6/6 (水) AIによる生産効率の改善、スタートアップ講座 詳細はこちら

個別相談会

毎週 不定期開催 貴社の課題やご要望のヒアリング、課題や要望に合わせたAI活用方法へのディスカッションなどを行う個別相談会を実施しています。 詳細はこちら

人工知能の眼で
生産性向上を実現しませんか?