ABEJA Insight for Manufacture

お問い合わせ

人工知能の眼で、
生産効率に革新を。

AIを活用した製造現場の生産効率改善サービス
ABEJA Insight for Manufacture。

こんな悩みはありませんか?

検品や商品仕分け
作業負荷が大きい…

故障や異常発生による
無駄なコスト
未然に防ぎたい…

↓

人工知能を活用して
製造現場のコストを大幅に削減!

人工知能を活用した製造現場の生産効率改善サービス

ABEJA Insight for Manufacture とは

ディープラーニングを活用した検査技術がまるで
人工知能の眼のように、製造現場を見守ります。
自動で検品を行なったり、
故障や異常を発生前に見つけたり。
工場に人工知能の眼を実装することで、
飛躍的な生産効率の向上を実現します。

実現できること

自動検品
自動検品
異常検知
異常検知
危険予測
危険予測
商品仕分け
商品仕分け
自動検品

自動検品

良品/不良品データをディープラーニングで学習することで、不良品の自動検知が可能になります。

異常検知

異常予測

機械の稼働データを読み解いて、異常発生をリアルタイムに察知。故障やトラブルを未然に防ぎます。

危険予測

危険検知

操縦機器の動画データ等から、AIが危険を検知。危機回避行動も機械が自動で行います。

商品仕分け

商品仕分け

画像とラベルデータを学習することで、商品の判別が可能に。選別・仕分け作業を自動化できます。

セミナー

2018/7/18 (水) AIによる生産効率の改善、スタートアップ講座 詳細はこちら
2018/8/1 (水) AIによる生産効率の改善、スタートアップ講座 詳細はこちら
2018/8/29 (水) AIによる生産効率の改善、スタートアップ講座 詳細はこちら
2018/9/12 (水) AIによる生産効率の改善、スタートアップ講座 詳細はこちら

人工知能の眼で
生産性向上を実現しませんか?